節約母ちゃん 家族の幸せと自分磨き奮闘記

小学生、中学生の息子二人の子育てしながら、節約、家計やりくり、時短家事、食べ盛りの食事作りに忙しい毎日でも、自分磨きを忘れない!40代主婦マメ子の奮闘記。

家計簿が続かない!から一歩進化したマメ子家は赤字だったことが判明

time 2016/03/12

家計簿が続かない!から一歩進化したマメ子家は赤字だったことが判明

家計のやりくりの基本中の基本といえば「家計簿」。

お恥ずかしい話、
結婚15年目のマメ子宅はきちんと家計簿をつけた期間がほとんどありません!

もちろん、一時期きちんとつけようと試みたことがあります。
市販の家計簿は何度も買ったり、
お手製ノートを作ったり、試してみたんですが、
長く続いて数か月。
継続して家計管理できたことがないんですよね。

どうしてでしょうね。
やはり面倒だったり、
家計簿をつけてもきちんと集計し、
その結果を見て反省したり、
次に生かすことまでできずただの帳面にしかならなかったから、
続ける意義を感じなかったのでしょうね。

そんなマメ子ですが、
実は昨年秋から、家計簿つづいております!
私にとっては快挙ですね。

今度こそはきちんと家計簿をつけないと!と思ったきっかけは、
ずばり、「我が家の収支がまったく把握できてなかったこと」
これ致命的ですよね。

会社で、収支が管理できてない会社があるとしたら、
この会社いずれつぶれてしまうなという恐ろし状況。

スポンサードリンク

口座に大目にお金が入れてあるから、
足りないこともないけど、貯まることもない。
まさにどんぶり状態。
この状況の恐ろしさを感じ、
まずは記録を取ることが大切だと、数か月続いています。

家計簿をつけるこつは
1.レシートをきちんととっておく
2.こまめに転記する
3.月末に締める
この3つではないでしょうか。

細かくはできない性格だから、
食費
日用費
外食費
子供費といった大きな項目でしか分けていませんよ。

野菜
調味料
パン
嗜好品・・・なんて分けかた、わたしにはできないので、
できる方法で続けています。

それでも大変なことに気付くことができたんですよ。
え?それは何かって??

「ほとんど毎月赤字だった!」っということ。
オーまいごっとです。
赤字だということがはっきり数字で目に見えてわかったということだけでも
マメ子にとっては家計簿をつける習慣ができて良かったことなのであります。
ああ、怖い。

スポンサードリンク

down

コメントする




ブログの管理人


小学生、中学生の息子二人の子育てに振り回されつつも、
家族の幸せを願って、
いままでの「どんぶり勘定」家計をあらため、家計管理や日々のやりくり。
そして時短家事、食べ盛りの息子たちへの食事作りに毎日奮闘しています。

家族が笑顔になるには、自分が一番笑顔でいなくっちゃ!
40代ど真ん中ですが、自分を大切にして女性としての自分磨きも忘れてないですよ。
そんな節約母ちゃんマメ子の奮闘ブログにようこそ!

⇒節約母ちゃんマメ子って?はじめましての自己紹介はこちら。

◆ランキング参加中です◆
好きなのを押して応援してください