節約母ちゃん 家族の幸せと自分磨き奮闘記

小学生、中学生の息子二人の子育てしながら、節約、家計やりくり、時短家事、食べ盛りの食事作りに忙しい毎日でも、自分磨きを忘れない!40代主婦マメ子の奮闘記。

歯石の付きやすい体質 学校の歯科検診にまた引っかかった次男

time 2016/06/07

歯石の付きやすい体質 学校の歯科検診にまた引っかかった次男

新学年に上がって学校でいろいろと検診をしていただいて助かります。

内科、歯科、耳鼻科検診などありますが、
昨年秋に続いて、また次男が歯科検診で引っかかって帰ってきました。

要注意事項は前回と同じ「歯石が付いている」という項目。

スポンサードリンク

さっとすませる歯磨き

歯科を受診して下さいと、学校からお手紙をもらって帰ってきた次男。
昨年秋、小学3年生の秋の歯科検診でも同様に引っかかったのに。
親としてはちょっと恥ずかしい。

引っかかる項目はいつも同じ。
「歯石が付いている」という内容。

口の中をよくのぞくと下の前歯の前側に歯石たっぷりついてますね~。汗

日頃から「もっとていねいに磨きなさい。」
「時間をかけて、鏡を見ながら」と声をかけますが、
朝も夜も早く済ませたいから、チャチャという感じで終わらせているようです。

たとえ大きくなっても、本当はちゃんとそばについて見てやるべきですね。

歯石が付きやすい体質

秋の検診後に歯科を受診してちょうど半年経過していたので、
かかりつけの歯科から定期検診の案内はがきも来ていたタイミングでした。
次男の場合は、半年サイクルで来るようにと言われています。

(ちなみに私は3か月サイクルで来るようにと言われています。
年齢の差でしょうか。汗)

学校でもらった検診結果のお知らせを見せると、
歯医者さん笑っていらっしゃいました。
「あれ~、秋にも同じ内容だったよね。
さては、歯磨きどんな感じでしてたかな~。笑」

次男も悪びれる様子もなく、「さっとすませてた!」と言ってます。
前回ご指導いただいた成果もなく申し訳ないですね。

ですが、歯石がつきやすいからといって悲観する必要もないようです。
世の中には、歯石の付きやすい体質の人も多いのだとか。

歯石が付きやすいと虫歯になりにくい

もちろんきちんと毎日磨いて、歯石がつかないようにケアするのが一番なんですが、
先生はいつもこう言われます。

「歯石がつきやすい体質っていうのもありますからね。
悪いことではないんですよ。
歯石が着きやすいということは、唾液の中にカルシウム分が多いということがあって、
その分、虫歯になりにくいということもあります。」
という説明です。

スポンサードリンク

私が伺った内容です。
これが本当にすべて正しいかはわかりません。私たちのかかりつけ医のご意見です。

確かに、次男は四年生ですがまだ虫歯ができたことはありません。

こまめに歯科の定期検診を受ける

四年生で虫歯はまだゼロって喜ばしい!って思いますが、
でもね、これは体質に恵まれただけじゃないの。

毎回きちんと決まったサイクルで歯科で検診を受けて、
クリーニングとフッ素を塗ってもらってるおかげだと私は思っています。

子供も大人も同じ。
普段からきちんと歯磨きをするのが一番だけど、
自分で磨いていても、歯ブラシの届かない歯の溝に入った汚れは歯科でしかお掃除できないんです。
なので、面倒だったりこわかったりするけど、
ただの検診だと怖いこと痛いこと、何もないので決まったサイクルで
予防していくのが大事ですよね。

これからの考え方は「予防歯科」

今回もていねいに歯ブラシの使い方を教えていただきました。
ここの歯科衛生士さんの教え方、私はとてもわかりやすいと思うんです。
歯ブラシの使い方って習ってるようで、きちんと教えてもらってないですよね?
奥歯の内側って90度に歯ブラシを当てましょうって、
私、目からうろこだったんですけど~。

最近、歯ブラシのコマーシャルで効くようになった言葉「予防歯科」。
ぜひ広まってほしい考え方ですよね。

なんて、かっこいいことを言っていますが、
我が家も主人は仕事が忙しくってもう一年くらい行ってないですね。
そして中学一年生の長男は大の歯医者嫌い。
怖いんだそうよ。

でもね、若年性歯周病とかあるらしいのでぜひ夏休みでも連れていこうと思っています。

次男もね、先生と約束をして帰りました。
「秋の学校の検診はひっかからないようにきちんと歯磨きしようね。
そしてまた次の検診もきちんとおいでよ」

歯医者さんを怖いとも何とも思っていない次男はきちんとお約束して帰りました。
何事も習慣ですね~。

ちなみに今回の検診代2100円です。
これできれいになればありがたいです。

スポンサードリンク

down

コメントする




ブログの管理人


小学生、中学生の息子二人の子育てに振り回されつつも、
家族の幸せを願って、
いままでの「どんぶり勘定」家計をあらため、家計管理や日々のやりくり。
そして時短家事、食べ盛りの息子たちへの食事作りに毎日奮闘しています。

家族が笑顔になるには、自分が一番笑顔でいなくっちゃ!
40代ど真ん中ですが、自分を大切にして女性としての自分磨きも忘れてないですよ。
そんな節約母ちゃんマメ子の奮闘ブログにようこそ!

⇒節約母ちゃんマメ子って?はじめましての自己紹介はこちら。

◆ランキング参加中です◆
好きなのを押して応援してください