節約母ちゃん 家族の幸せと自分磨き奮闘記

小学生、中学生の息子二人の子育てしながら、節約、家計やりくり、時短家事、食べ盛りの食事作りに忙しい毎日でも、自分磨きを忘れない!40代主婦マメ子の奮闘記。

転勤先の住まいの探し方のコツ。評判の良い学区を調べる意外な方法

time 2017/01/12

転勤先の住まいの探し方のコツ。評判の良い学区を調べる意外な方法

転勤が決まったら!
新しい住まいを探すことが一番の心配事ですよね。

だんなさんの通勤に便利な場所であることが大事であるけども、
母として一番気になるのは子供たちが通う学区。

我が家は転勤により3回の引っ越し経験があります。
知らない地域でどうやって住まいを探すか。
ピンポイントで情報を収集して早めに物件をおさえましょう。

スポンサードリンク
  

初めての転勤が決まった時の我が家のドタバタ物件探し

初めて転勤が決まったときは、
住まい探しのコツがわからず、
勤務地がある県庁所在地の市全体から、「転勤族が多い地域」という検索ワードで、
ひたすらやみくもに物件情報を検索していました。

大きな地域の範囲で探すわけですから、
次から次へといろんな物件が見つかります。
それを夜な夜なエンドレスに捜して疲れた経験アリです。

交通の便も良さそうで会社へも通いやすそう。
学区の評判も良さそうと!
ある程度、自分の中で情報を絞ったときに会社から伝達事項がありました。

主人は営業で外回りが主な業務です。

「担当エリアが隣の県の〇〇あたりになるので、
住まいはインターが近い〇〇市で探すように」とのこと。

なんと!指示のあった市は県庁所在地の市ではなく、
いわゆる郊外の市。

完全に振り出しに戻され、一から物件探しをしたのでした。

ネットの情報はあくまでも参考程度に

私のように、知らない都市で住まいを探そうと思うと
こんなワードで検索しませんか?

「転勤族が多い地域」
「生活しやすい地域」
「子供が安心して暮らせる町」などなど。

ネットでヒットした情報はもちろん決して信頼できないわけではないと思います。

ですが3回引っ越した経験上、感じることですが。
「あくまでもネット上の情報です」

実際に住んでみて、書いてある情報通りだったかと言うと。
自分軸で判断した場合、違和感を感じることが多々ありました。

「〇〇区は〇〇市民ならだれもが憧れる地域。
生活するにはすべてがそろっていて便利が良く、
治安も良く、学校も落ち着いている」

ある都市に引っ越したときに、事前にこういう情報を目にしました。

ですが私の感想としては、
決して憧れるほどの地域ではなかったという。笑

住宅地としては落ち着いた良い地域でしたが、
意外とスーパーなどが少なく、
大きいショッピングモールもほとんどない。
坂道が多く、車を使わないと買い物が大変。
など、違う面について気づきがたくさんありました。

前任者に聞くのが一番の近道

ネットでの情報があまり頼りにならないとすると。
どうやって調べたら良いのかというと・・・。

会社の前任者に聞く!

その方法が一番手堅く生の情報がゲットできます。

ご主人と入れ替わるまでそこの地域で暮らし、仕事をしてきた前任者さんこそ生の情報をご存知なはず!

前任者の方も転勤が決まりお忙しくされてるでしょうけど、
ここは少しお時間をいただきアドバイスいただきましょう!

スポンサードリンク

我が家も2回目以降はこうやって情報を集めましたよ。

通勤しやすい地域。
子供を安心して通わせられる学区。
治安の良い地域。
買い物の便が良い地域。

さらには、
「〇〇あたりなら、同じ会社の人が住んでいるから飲み会があったときにいっしょにタクシーに乗って帰れるよ」
など。
こんな小さいネタ。
意外と大事なんですよね。
毎日の生活ですから。

評判の良い学区を探す意外な方法

一番気になるのはお子さんの通う学校探しですよね~。

落ち着いていて、
学力もある程度きちんとした学区をと、どこの親御さんも気になるところ。

地元の子しか通わないような学校ではなく、
同じく転勤族が多い地域の方が、
転校生としてなじみやすいのでは。

こんな悩みをかかえながらの学区探しになりますよね。

我が家は先ほど書いたように、学区の情報も前任者の方に質問しました。
学校情報もかなり生きた情報を得ることができたので、
安心して転校させることができましたよ。

さて、評判の良い学校をピンポイントで探すことができる意外な方法ですが。

お友達の同じく転勤族のご家族が学区探しで毎回使ってる方法を先日聞いてびっくりしました。

「その地域の学習塾に電話して、
評判の良い学校を教えてもらう!」という方法なんです!

え~?不動産屋じゃなくって、塾に問い合わせするの??と
びっくりしました。

「転勤でそちらの地域を考えていて、
学校の評判が気になるので教えてほしい」と問い合わせるとたいていの塾は丁寧に教えて下さるとのことですよ!

学校の評判は塾が情報を持っている!
というのが、お友達の持論だそうで。

その情報を元に引っ越し先をしぼって、いままで外れたことがないとか。
学校の様子も、塾で教えてもらった情報がほとんどあてはまるそう。

なるほど~!
塾に入ることの問い合わせではないので、
私のようなビビリタイプにはちょっとハードルが高い方法ではありますが。笑

学校情報を知りたいなら塾に問い合わせるというのも手だと!

探す条件を決めたら早めに物件をおさえよう

転勤による引っ越しが一番多い季節が春ですよね。
4月1日付、もしくは3月1日付で辞令が出る会社が多いのでは。

ですので2月あたりから物件がものすごく動く時期になります。

予想していない転勤辞令にショックを受ける気持ちはわかりますが、
決まってしまったのだから、気持ちを切り替えて住まい探しをしましょう。
良いと思う物件が見つかったのならすぐ問い合わせを。

あなたのお宅と同じように必死で良い物件を探してるご家族がたくさんいます。
できるだけ早く物件をピックアップして、
早めに現地に物件を見に行きましょう。

2月3月は週末ごとに物件が動きます。
どんどんみなさんがおさえていくからです。

物件との出会いもある意味、なにかの縁です。
現地に行ってみてビビっと感じるものがあると思います。
そこがあなたのご家族がまた幸せに暮らしていける新しい住まいですよ~。
良い物件が見つかりますように!

スポンサードリンク

down

コメントする




ブログの管理人


小学生、中学生の息子二人の子育てに振り回されつつも、
家族の幸せを願って、
いままでの「どんぶり勘定」家計をあらため、家計管理や日々のやりくり。
そして時短家事、食べ盛りの息子たちへの食事作りに毎日奮闘しています。

家族が笑顔になるには、自分が一番笑顔でいなくっちゃ!
40代ど真ん中ですが、自分を大切にして女性としての自分磨きも忘れてないですよ。
そんな節約母ちゃんマメ子の奮闘ブログにようこそ!

⇒節約母ちゃんマメ子って?はじめましての自己紹介はこちら。

◆ランキング参加中です◆
好きなのを押して応援してください