節約母ちゃん 家族の幸せと自分磨き奮闘記

小学生、中学生の息子二人の子育てしながら、節約、家計やりくり、時短家事、食べ盛りの食事作りに忙しい毎日でも、自分磨きを忘れない!40代主婦マメ子の奮闘記。

布団叩きの使い方間違ってない?叩くことは逆効果で中綿が壊れてます

time 2017/03/02

布団叩きの使い方間違ってない?叩くことは逆効果で中綿が壊れてます

布団たたきでパンパンやってる風景、ほとんど見かけなくなりましたが。

ご近所さんでまだパンパンお布団をたたいてる方がいらっしゃるんですよ。

奥サマ~!
布団を長時間叩くのはお布団を傷めてるだけです。

スポンサードリンク
  

布団たたきは逆効果

お天気の良い日、思わずお布団を干したくなるのはどなたも同じかと。

そんなぽかぽか陽気の昼下がり。
我が家のご近所さんがしきりにパンパンと長時間、かなりの音を立ててお布団をたたいてらっしゃいます。
騒音!うるさい!なんていうほどのレベルでもなく、
ああ、こまめにお布団干してらっしゃるんだなって思うのですが、
いまどき珍しいですよね。

そういえば、子供のころ。
どこのお宅にもありましたよね、「布団たたき」のグッズ。
天気の良い日曜日の朝と、お布団を取り込む午後3時くらいには、
どこからともなく、お布団をパンパンと叩く音が響いて。
ああ、今日も良いお天気~!と実感させてくれて、
「私、こんなにがんばってお布団干します~」という主婦たちのささやかな主張だったような
懐かしい記憶があります。

私もまだ結婚したての頃は100円ショップで買ったかな~。

今では、お布団って叩かなくなりましたよね。

だって、
お布団をたたいてほこりが落ちたり、ダニを落とす効果をみなさん期待されてたかもしれないけど、
それは逆効果だという情報がかなり浸透しましたもんね。

中から出てくる白いほこりのようなカスは、
中綿がこわれ、中の繊維が出てきてる物体なんですよね。
だから、たたけばたたくほど、お布団の中綿のふわふわを壊しせっかくの保温性も台無しになってるとか。
がっかりですね。

しかも叩いてもダニは落ちないとか。

私も数年前にこれを知ってから、
お布団を干す際には、
軽く布団をゆする、表面をなでる程度にほこりは落としますが、
たたきません。

取り込む際にも、花粉や外のほこりを落とす程度に手でなでるようにしてから取り込みます。

スポンサードリンク

最近では、マンションなどの集合住宅で上階の方のほこりが落ちてくることで
トラブルになってるケースがありますもんね。

ダニが気になるのならどうしたら良いの?

では、気になるお布団にいるダニはどうしたら良いのでしょう。
一般的には表面を掃除機をかけて吸い取る方法がありますよね。
最近ではダイソン布団クリーナーやレイコップなど、
布団専用の掃除機が人気があります。

我が家は有りがたいことに誰もダニアレルギーやほこりアレルギー等がないので、
それほど神経質にお手入れはしていません。

ですが、最近赤ちゃんが誕生した若いご夫婦のお宅は、
出産前にレイコップを買いに行ったという話を聞きますし、

お子さんがアレルギー体質の方は、
定期的にダイソンのクリーナーでお布団のほこりを取ってると話してくれますね。
お布団から取れたゴミを見るとその量にぞっとするとか。

だって、お布団にいるダニは32万匹だとか。ネットで情報を見つけてしまいました。
あまり神経質になりすぎるとしんどいですが、
清潔に暮らしたいのはどなたの思いも同じ。

ただ、昔ながらの方法。
お布団をパンパンと叩くのは逆効果になってますよ~。

この記事を書いている間もはじまりました、
ご近所さんのお布団パンパン叩いてらっしゃるのが。
こまめにお掃除してらっしゃるんだなって感心するほど。
先日、我が家にお友達が遊びにきてお茶をしてたときにもパンパンはじまって。
お互い最初はおしゃべりしてたけど、
あまりにも長く叩いてる音がしてたので、お友達も苦笑い。
「いまどき、珍しいよね!」って。
そうだよね、と言って話は終えましたが。

表面をバンバン叩くとダニのフンや死がいが細かくなって出てきてしまい、
叩く前より2~3割増えてしまうそうです!

まだお布団をたたいてる方いらっしゃったら。
逆効果ですので。
なでる程度、表面のほこりを落とす程度にしてお布団大切にしていきましょうね!
ダニが気になるのなら専門店に相談して「お布団丸洗い」を利用してみては!!

スポンサードリンク

down

コメントする




ブログの管理人


小学生、中学生の息子二人の子育てに振り回されつつも、
家族の幸せを願って、
いままでの「どんぶり勘定」家計をあらため、家計管理や日々のやりくり。
そして時短家事、食べ盛りの息子たちへの食事作りに毎日奮闘しています。

家族が笑顔になるには、自分が一番笑顔でいなくっちゃ!
40代ど真ん中ですが、自分を大切にして女性としての自分磨きも忘れてないですよ。
そんな節約母ちゃんマメ子の奮闘ブログにようこそ!

⇒節約母ちゃんマメ子って?はじめましての自己紹介はこちら。

◆ランキング参加中です◆
好きなのを押して応援してください