節約母ちゃん 家族の幸せと自分磨き奮闘記

小学生、中学生の息子二人の子育てしながら、節約、家計やりくり、時短家事、食べ盛りの食事作りに忙しい毎日でも、自分磨きを忘れない!40代主婦マメ子の奮闘記。

隠れインフルエンザ症状2018!陰性から喉の痛みと発熱の夫婦体験談

time 2018/02/15

隠れインフルエンザ症状2018!陰性から喉の痛みと発熱の夫婦体験談

インフルエンザにかかってしまいました!
しかも夫婦そろって。

さらに。いわゆる二人とも「隠れインフルエンザ」だったんです!

主人から私へうつってしまったのですが、
それぞれ症状が違いました。

インフルエンザが陰性だったあとも、
症状が変化していき、
熱も高くてしんどかったです。

2018年今年のインフルエンザはわかりにくいと医師も言われていました。
風邪かもしれなくても、今年は病院にかかるの事をおすすめします!

どなたかのお役に立てたらと私たち夫婦の隠れインフルエンザ体験談です。

スポンサードリンク
  

隠れインフルエンザはどうやってわかったの?

1月19日以降、
節約母ちゃんマメ子夫婦はインフルエンザにやられてしまいました。

主人は3年ぶり、人生2度目のインフル。
わたくしマメ子は、なんと20年ぶり人生2度目のインフル。

主人は会社の決まりで毎年予防接種を受けています。もちろん、今シーズンも接種済み。

それに対して、私は子供たちが小さいころは一緒に受けていましたが、
ここ数年は子供たちも接種しなくなり、それに併せて私も数年以上接種していません。

まずは主人の発症記録から。

1月19日金曜日。
体調が少し悪いと昼過ぎに仕事を切り上げて帰宅。
ちょっとしんどいと言っていた割にすぐに布団に直行して寝ている。
よく聞いてみると週明けから出張を共にしていた同僚が一足早くインフルB型判定。
症状は同じ。喉の痛みと痰がからむ咳。

(あとから聞くと、同僚の方はそれに加えて下痢もひどかったとか。)

週末に大事な予定が入っていたので、
熱はまだ出ていなかったが夕方のうちに受診。
症状を説明するも、
「現状では風邪の症状なので検査はしません。」という医師の判断で総合感冒薬をもらって帰宅。

なぜに検査してもらわなかったの?と妻のマメ子怒る。

病院から帰宅後、
布団に入るとしばらくして38度後半の高い熱!
やっぱりきた!
やっぱりインフルなんじゃん!

その晩は「ふーふー」うなりながら寝ていた様子。

翌朝、再度受診してやっとインフル検査を受けるものの「陰性」判定。
喉の痛みや咳の薬を出してもらい帰宅。

結局、土日ともに37度台の熱が続き寝込む。
月曜には熱が下がるも体力が下がっていて、火曜日まで仕事を休む。
ひどい咳は週末で止まった。

ここまでは主人の記録。

そしてここから私が発病・・・。
主人を隔離し、換気に気を付け、マスクを付け対処していたにもかかわらず。

主人が仕事を休んでいた月曜の夕方からだるさを感じる。
喉が痛い。
家事をするもいつもの仕事が億劫に感じる。
熱が出そうな気配を感じ、21時に熱を測ると37度台の熱。
意外と元気なんだけど
これは明日は病院だなと思いながら就寝。

翌朝火曜日には平熱に戻っているも、
体がだるく、喉の痛みがあり嫌な予感がするので受診。
主人の症状を説明して、検査をお願いして実施してもらう。

結果は陰性。
総合感冒薬を出してもらい帰宅。

主人の経緯もあり、
「症状が変わってきたり、熱がまた出るようならまた相談してくださいね。」と医師に声をかけてもらう。

今年は早くからB型が広まっているし、
検査をしても判定が出ないケースも多いのでやっかいなのだ。と医師の説明。

体のだるさは強いけれど、
自分でも「風邪」だなと思う体調。
喉が痛かった以外は特に症状なし。
薬を飲んで就寝。
食欲も普通にある。

翌日水曜日には熱もすっかり平熱。
比較的動けるので家事をして、普通にスーパーに食材を買いに行く。
あとは日にちが薬だなと、なるべく安静にして過ごす。

翌日木曜日、明け方に寒気がして目が覚める。
寒くて寒くて、こたつに移動する。微熱。
寒気でこたつから動けない。
しばらくすると38度後半の発熱。
風邪は治りかけていたと思っていたが、痰がからむ咳が激しく出る。

これは様子がおかしい。
火曜日に受診したときと症状がひどくなっているので、
この状況であのままの風邪薬を飲んでいても良くならないと思ったので、
午後に再度受診。

いわゆるインフル特有の「倦怠感」や「節々の痛み」、「筋肉痛のような痛み」はない。

病院に行くと、
「症状が変わりましたか~」と医師。
熱もあるし、咳がひどく出ると説明したので即、インフルエンザ再検査。

そこでB型判明。

「ご主人も判定は出なかったですが、B型だった可能性が強いですね」とも言われる。

リレンザを処方してもらう。

朝からほとんど食べていなかったので、近所のコンビニでミートスパゲティを買って帰宅。
ばくばく食べて就寝。

リレンザのおかげで痰がからむ咳は夜にはほとんど収まる。
薬の力はすごいな~と感心するも、

それでもやはりその日の夜が一番しんどい夜となる。
夜中に何度も目が覚める。
おそらく熱も39度近く出ていたのでは?
喉が渇くので枕元に置いていたスポドリとお茶を何度も飲む。
夢見が悪い。

翌日金曜日には37度の熱に下がるも、
熱は翌日土曜日まで37台前半がだらだらと続く。

咳が収まると、
今度は猛烈に鼻水。
ティッシュも枕元から離せない。
だらだらと鼻が出たと思うと、今度は激しい鼻づまり。
この繰り返し。

スポンサードリンク

食欲はほとんどない。
子供たちにコンビニでサンドイッチを買ってきてもらうも食べる気がしない。
水分は取りつつ、
ひたすら眠る。

家事は完全放棄するも、
キッチンに残されたお皿洗いと洗濯だけはする。

子供たちの食事は、
インフルが発覚した夜はコンビニで自由に買ってきてもらう。
翌日は主人が早く帰宅できたので3人で外食してもらう。
子供たちも大きくなって、お金さえ渡せば自分たちで食糧調達ができるようになったので、
少々母が寝込んでも心配なくなった。
その点ではなんの心配もなかった。

日曜日は熱は下がるも、
結局体のだるさが取れず、相変わらずほとんど寝て過ごす。
木曜日にインフルが発覚して以来、
木金土日と本当に布団の中で、ずっとパジャマで過ごす。

土曜日は主人と子供たち用事があって出かけていたので、
夕食は私が簡単に作る。
自分は食欲もあまり戻らないし、なにより口の中が悪い。
体調が悪いとき独特の口の中が変な味がするので、味見もいらない「シチュー」を作る。
決められた量で最後にルーを入れると味が決まるので助かる。

夕食ははじめて家族と一緒に軽く取る。
熱が出て以来、はじめてまともに温かい食事をとったのと、
シチューのちょっと塩分の強い味がいつも以上に体に染みて「おいしいー」と思わずうなった。

隠れインフルエンザの症状

長々と書きましたが、
今年のインフルエンザは一度で判定が出ないという方が多いと友人から聞きました!

主人もおそらくB型に感染していたはずです。
主人のように38度の熱があっても判定が出ない場合。

私のように、
体感的にスタートは本当に風邪のようでも、
のちに症状が変わるケース。
(一度目の病院でインフルをもらってしまった可能性は低いと思っています。
私が受診している間はインフルエンザらしき患者さんは見当たりませんでしたので。)

ご近所さんのお子さんのケースは、
熱もほとんど出ないタイプ。
夜に37度の微熱が出たけれど、翌朝には下がっている。
本人も元気ずっと元気なので登校させた。
だけど下校してきてどうもしんどいというので嫌な予感がして受診するとB型だった。
判定が出たあとに、38度の熱が出た。

そんないろんなパターンがあるのが
今年2018年のいわゆる「隠れインフルエンザ」となってしまう事例なのでは?
と勝手に個人的に感じています。

2018年インフルエンザは喉の痛みと咳からはじまる?

主人と私、
そしてご近所さんたちから聞く話を総合すると、

今年のインフルエンザB型に限りますが、
初期症状の典型は、
「痰がからむ咳」のような気がします。

痰がからむので激しい咳になってしまいます。
そのせいで、飛沫感染しやすいかもしれませんね。

私も主人も最初に咳がつらかったです。

主人はしんどそうでしたが、陰性結果に安心してしまって
はげしい咳をしていたけれど家の中をウロウロしていたから、
私もうつってしまったのでは?と自己分析しています。

まとめ

隠れだろうと、すぐに発覚しようともインフルエンザは本当にしんどいですね。
熱そのものは38度後半でしたので、
さほど高いともいえないのですが、
4日も熱がだらだらと続いたせいで、
後遺症の方がつらかったです。

解熱しても、一週間。
いや実は二週間体がだるくてだるくて使い物になりませんでした。

自宅で仕事をフリーでしていることをいいことに、
本当にヒマさえあれば寝ていました。

子供たちを学校に送り出した後、
朝食のお皿洗いさえおっくうで、洗濯も回さずにお昼まで寝ていた日もあります。
お昼12時ころになんとか起きて最低限の家事をするのですが、
まただるくて夕方まで寝ていた日もあります。
それでも夜は普通に寝れます。

私はダメ人間になってしまったのか?と思いましたよ。
買い物して帰ってきただけで体力をそがれる。

やっと普通に動けるようになったのは、
インフル初日からもう20日も経過していました。
気がづいたら、もうバレンタインだったという。
1月20日すぎからずっとひきこもりの生活でした。

やはり予防接種が有効なのか?
かかるときは気を付けていてもしかたないのか。
いろいろ考えましたが、
感染してしまったものはしょうがないです。

A型、B型でそれぞれこんな症状が出るなどという情報ありますが、
本当に個人差があって一概に言えないと思います。
どうぞちょっとでも不調を感じたら、
医療費かかりますが、
一度の診断で納得できなかったり、
症状が変わってきたらぜひ受診することをおすすめします。

自然治癒はしますが、
やはりインフルエンザ治療薬の方がピンポイントに効いてくれますから。

大事なことを書き忘れていました。
さいわい、子供たち2人にはうつりませんでした!
それが何より。
これで子供がかかってしまったら本当にかわいそうだと思っていたので、
数日ひやひやしましたがセーフでした。

学校でもまだまだ猛威を奮っているようだし、
今度はA型もはやっているとか。
シーズン中にBもAもかかる人もいるだなんて、怖くて他人事ではありません。
なんとか乗り切っていきましょう!

スポンサードリンク

down

コメントする




節約母ちゃんマメ子です

mameko


節約母ちゃんマメ子です。

主人と小学生、中学生の息子二人の
4人家族。

いままでの「どんぶり勘定」家計をあらため、
家計管理や食材管理がんばっています。

手書き家計簿・
献立ノートが得意。

教育費がドンドンかかる時期。
お得活動をスタートさせました♪

☆毎日楽しく笑顔を忘れずに☆

⇒節約母ちゃんマメ子って?はじめましての自己紹介はこちら。

◆ランキング参加中です◆
好きなのを押して応援してください