節約母ちゃん 家族の幸せと自分磨き奮闘記

小学生、中学生の息子二人の子育てしながら、節約、家計やりくり、時短家事、食べ盛りの食事作りに忙しい毎日でも、自分磨きを忘れない!40代主婦マメ子の奮闘記。

中学生の塾。個別と集団はどちらが良い?中3個別に一年通った経験から語ります

time 2019/10/08

中学生の塾。個別と集団はどちらが良い?中3個別に一年通った経験から語ります
スポンサードリンク

中学生選びで、
最初に迷うのが、

個別と、
集団と。
どちらが良いの?という点ですよね。

節約母ちゃんマメ子の長男、
現在高校1年は、
中3の時に個別塾に1年通いました。

中1にも別の個別塾に数か月通った経験があります。

仲良しのお友達は、
集団塾に3年間通っていました。

それらの話を総合して、
私がわかる範囲で、

個別と集団。
どちらがどういった点で、
どんなお子さんには合うのか。

お伝えしたいと思います。

それではいってみましょう。

スポンサードリンク

中学生の塾。個別と集団の違い

一般的に、
中学生の塾は、

個別か集団塾に分かれますよね。

特長としては、

個別塾は、
先生1人に対して2~3人。

塾の方針や、
その時の生徒数に関係するとは思いますが、

個別塾といっても、
一般的にはマンツーマンという状況は、
なかなかないです。

でも授業の進め方は個別指導。

一人の先生が複数人同時に授業するのではなく、
2~3人を順番に見ていく進め方になります。

1人の生徒を指導している間は、
他の生徒は問題を解いておく。といった
時間の使い方です。

それに対して、

集団塾は、
まるで学校のような、
先生1人に対して、
複数人の生徒が一度に授業形式に授業を受ける形が、
一般的ですよね。

我が家の長男(現在高1)は、
中学生の時期に
個別塾に2か所通いました。

その時の体験談は、
こちらにまとめてあります。

ご参考にどうぞ。

息子のお友達で、
中学校3年間集団塾に通ったお友達の様子は、
後半にお伝えします。

では、
それぞれの良さについて考えてみましょう。

個別のメリット・デメリットは

個別のメリット、デメリットについて。

1.メリット

個々の理解度、進捗状況に合わせ
授業をしてもらえる。

先生1人に対して、
2~3人対応とはいえ、

授業内容はそれぞれ違っていて、
1対1で指導してもらえるので、

個人の苦手科目を中心に。

現在の学年関係なしに、
苦手単元までさかのぼって勉強することができます。

2.デメリット

〇料金が高い傾向にある
〇塾での友達を作りにくい

集団塾のメリット・デメリットは

1.メリット

〇複数人同時に授業を受けるので、
他の生徒の反応、
受け答えから学ぶことができる。

〇小テストなどが行われることで、
他の生徒との競争が励みになる。

〇多くの友達を作りやすい
〇個別に比べると料金が比較的安い

2.デメリット

〇基本的に学校の授業に沿った内容で、
進行していくので、

苦手な単元があっても、
学校の内容に沿って進んでいくので、

みんなと同じ内容を受講することになる。

集団塾に3年通った友達の様子

ではここで、
集団塾に3年間通った、

長男の友人のお話です。

彼、仮にA君とします。

A君は、
中学入学と同時に集団塾に入りました。

きっかけは、
本人の希望というよりは、
ご両親の意向だと聞きました。

「家でひとりではなかなか勉強できない。
勉強しないだろうから。」

家の近くの集団塾に入りました。

5教科週3回です。

そこはちょうど学区をまたいだ位置にある塾だったおかげで、
自分の通う中学校以外にも、
他校の生徒もたくさん通っていて、
学区外の友達が一気に増えました。

スポンサードリンク

まじめな性格のA君です。
きちんと通いました。

A君の学年は比較的落ち着いた子が通っていて、
授業も落ち着いて進んだとか。

同じ塾でも学年によっては、
騒がしいクラスがあって、
騒ぐ子のおかげで授業に集中できないからと、
辞めて、
他の個別塾に移った人もいたようです。

学校のように皆と一緒に授業を聞くスタイルですが、
まじめなA君は、
塾の授業も集中することができ、

塾仲間と小テストの結果を競いあいながら。

学区外の友達とも仲良くでき。

定期テスト前には、
土日のテスト対策授業もお弁当持参で、
友達とワイワイ参加して、
楽しみながら、
成績も上位をキープして。

第一希望の高校に見事合格しました。

ざっと説明するとこういった感じです。

個別塾に1年通った長男の様子は

個別塾ですから、
集団とは違いますが、

それでも同じ時間にいつも授業を受ける
他の中学の友達は、
学年を問わず仲良くできたようです。

定期テスト前には、
授業時間外の週末も塾はあいていましたので、
自習はできます。
先生に質問もできます。

テスト対策のための、
規定の授業数以上の授業はなかったです。

そういった環境はありますが、
勉強の好きな長男ではないので、
自習をするために塾にはほとんど行ったことはなかったです。

結局は、
勉強が好きか、嫌いか。
どれだけ一生懸命勉強に取り組むことができるか。

それだけなのですが。

これがむずかしいから困るんです。汗

それぞれに個性があるように、
お勉強も個体差ですから。
なかなか一概には言えないです!

個別塾、集団塾どちらがいいの?

ここまで書いて、
ざっくりになりますが。

長男が高校になんとか進学した結果、
感じた立場から書きますと。

学校の授業に比較的ついていける。
勉強が割と好き。
自主的に勉強に取り組むことができる。

集団塾向き

苦手科目、苦手単元がはっきりしている
あまり勉強は好きではない。
自主的には勉強はあまりしたくない。

個別塾向き

こういった考え方になるのでは?と思います。

もちろん例外もありますよ。

勉強が好き。
学校のレベルよりも少し上をがっつり学びたい。
個人的にどんどん先に進んで学びたい。
難関校受験を考えている。

こういった、
さらに前向きに勉強に取り組みたいお子さんは、
そういったお子さんをターゲットとした塾を選び、
個別指導もあっているかもしれません。

一概にこうだとはなかなか言えませんが、
イメージとして、
選び方はこういった判断材料になるのでは?と思います。

ただ、
いくら勉強はまずまず好きでも、
ついつい集団になると騒いでしまって、
勉強に集中できないお子さんで、
塾から個別クラスにうつるように言われ。

個別になったら
落ち着いて勉強に取り組めるようになったというお子さんの話も聞きます。

まずは何か所か体験に行き雰囲気を見極めて、
入塾するのが一番良いかと思います。

そうはいっても、
体験と
塾に入ってから実際に通うのでは

感じ方も違うものです。

なんだかこの塾は合わない。

せっかく通わせているのに、
どうも集中できていないようだし、
成績にも反映されていない。と感じる点があるようなら、

お子さんに聞いてみたり、
塾に問い合わせして、

そこはやめて、
他の塾に代わることも積極的にするべきだと思います。

「やめる」ことが悪いように感じがちですが、
お金を払って通う限りは、
納得できるところが良いですからね。

down

コメントする




節約母ちゃんマメ子です

mameko


節約母ちゃんマメ子です。

主人と小学生、中学生の息子二人の
4人家族。

いままでの「どんぶり勘定」家計をあらため、
家計管理や食材管理がんばっています。

手書き家計簿・
献立ノートが得意。

教育費がドンドンかかる時期。
お得活動をスタートさせました♪

☆毎日楽しく笑顔を忘れずに☆

⇒節約母ちゃんマメ子って?はじめましての自己紹介はこちら。

◆ランキング参加中です◆
好きなのを押して応援してください